大三国志の噂話

真偽不明のネタを集めます

部隊編成大全

f:id:taotaox:20210429150540j:plain

 

はじめに

三国志というゲームの秀逸なところは、どのような武将の組み合わせでも合理的な戦法チョイスであれば、部隊相性によっては活躍できるし、逆に言えば無敵の部隊も存在しないところにあります。

限られたリソース(武将、進化度合い、戦法)の中から、自分にとってベストな組み合わせを探す、という楽しさがこのゲームの大きな魅力の1つと言えるのではないでしょうか。ですから、基本的に他人の意見に左右されず、好きな部隊を組んでいくのが良いと個人的にはおもってます。

とはいえ、なかなかどのように組み合わせたら良いか分からなくて悩んでる。という方も多くいらっしゃるようです。そういった方向けに、なにかの参考になれば良いなと思って、部隊編成するとき何を考えているか、書くことにしました。

中華情報と自分の経験からまとめましたが、あくまで個人の考えなので、けっこう間違っている部分も多いです。鵜呑みにすることなく、疑いながら読んでもらえると助かります。

※ 征服シーズンに突入したプレイヤー向けになります。

 

 

ベストな部隊組み合わせの定義

まず「ベストな部隊組み合わせ」の定義は人それぞれとなりますが、一般的には、手持ち部隊をフル活用して、最大の武勲・貢献を獲得できる組み合わせ、であることが多いかと思います。

中でも対人戦による武勲獲得は、このゲームの肝であり、そこを意識した組み合わせを選択しているプレイヤーも多いのではないでしょうか。

本質的にはマス取りゲームのため、攻城値まで考慮して「土地めくり」もあわせた部隊構成にしていくべきかと思いますが、そこまで考えるとキリがないので、本記事では、「ベストな部隊組み合わせ」とは、手持ちの部隊をフル活用して、「最大の武勲を獲得できる組み合わせ」と定義して話を進めていきます。

 

 

部隊数について

「最大の武勲を獲得できる組み合わせ」の部隊数は、

  1. 資源供給
  2. 手持ちの武将(進化具合含む)
  3. 手持ちの戦法
  4. 自身のプレイスタイル

以上の4つの要因によって決まります。一般的には主城の5部隊に手持ちのリソースを集中させ、運用していくことで武勲を最大化します。リソースが豊富なプレイヤーは、6部隊以降の運用も可能です。

 

 

外部要因について

「最大の武勲を獲得できる組み合わせ」は、常に固定ではなく、外部要因に左右されます。

  • シーズンの序盤・中盤・終盤による違い
  • 敵対同盟に多い人気な部隊
  • アップデートによる環境変化
  • シーズン仕様

などといった要因にあわせて自身の編成を柔軟に変更できると武勲を稼ぎやすいと言えるでしょう。

例えば、ここしばらく征服シーズンのスタダで主流の「塁実反撃皇甫嵩」は、その性質から通常攻撃を受けることが重要な部隊です。序盤に敵陣営と戦争の気配がある場合は、スタダを「関銀屏」にして優位に立つ。ということが考えられます。

 

 

部隊の評価について

前項の「外部要因」を踏まえた上で、個別の部隊を評価していくと良いでしょう。

<全体視点> 

  • 5部隊(+アルファ)で見たときに最適な編成になっているか
  • 敵の流行は何か
  • 序盤、中盤、終盤を意識した編成になっているか
  • シーズン仕様に適応した部隊を編成できているか

<個別視点>

  • 適切な戦法を配置できているか
  • 兵種開放が適切にできているか
  • 武将レベルは充分か
  • ステータス割り振りが適切にできているか

上記2つの視点で部隊をチェックし、部隊評価をしていきましょう。逆に言えば、特定の部隊だけをフォーカスして、部隊相談をしたり、アドバイスを受けたとしても実のところあまり意味はありません。(※部隊研究にはなりますが)

部隊の評価は熟練プレイヤーでも難しい作業で、対土地に弱いとしても対人には強い部隊があったり、レベル48~50近くになって開花する部隊があったり、戦法を1つ変えるだけで使用感が良くなったりします。十分に検証が必要です。

 

 

編成前準備 - 手持ちの武将チェック

では、具体的な編成作業に移る前に、準備を行いましょう。手持ちの武将のチェックをしていきます。各陣営別に優先度を独断と偏見でつけましたので参考にしてください。かなりざっくり分類しているので、変動することが多いです。進化具合は考慮していません。

  • ランクS:持っていたらほぼ間違いなく使用する。
  • ランクA:使用頻度が高い。
  • ランクB:使い方によっては輝く。使いこなすとカッコイイ。
  • ランクC:主要5軍に入ることは稀。未開拓武将たち。
  • 優先度 :左にある方が優先的に使いたい。

 

■魏陣営(2021/4/29時点)

f:id:taotaox:20210429142633j:plain

■呉陣営(2021/4/29時点)

f:id:taotaox:20210429142721j:plain

■蜀陣営(2021/4/29時点)

f:id:taotaox:20210429142750j:plain

※ 紫枠はSP趙雲

■群陣営(2021/4/29時点)

f:id:taotaox:20210429142819j:plain

■漢陣営(2021/4/29時点)

f:id:taotaox:20210429142845j:plain

以上、上記表を参考に手持ちの武将の優先度をまずつけてしまうと、部隊編成が考えやすくなります。

 

 

編成前準備 - 手持ちの戦法チェック(2021/4/29時点)

武将と同じように、手持ちの戦法もチェックしていきます。こちらも独断と偏見でざっくり種類別に重要度をつけてみました。登場していない星4戦法の多くは、持っているものとみなして省略しています。策略主動戦法や回復系戦法(援軍秘策など)は代替え案になりうるので、万が一ない場合は揃えると良いと思います。

  • 高:主要5軍にはほぼ必ず配置する
  • 中:使用頻度が高い
  • 低:あると心強いが主要5軍に入ってこないことも。
  • 特:特殊な戦法。使いこなすとカッコイイ。

f:id:taotaox:20210429142935j:plain

f:id:taotaox:20210429142951j:plain

基本的に中以上はあった方が良いです。

 

編成前準備 - 主城五大体系+1への理解

f:id:taotaox:20210327164227p:plain

武将と戦法のチェックが完了したら、この主城五大体系を軸に、編成パズルが始まります。なぜこの五大体系が重要なのかについては、下記の記事を参考にしてください(情報は1年前のもので例に出ている戦法や組み合わせが古いですが、基本的な考え方は今も共通しています)

 

編成パズル1 - 始計+撃勢体系

■全体像

f:id:taotaox:20210429143144j:plain

■編成パターン

f:id:taotaox:20210429143257j:plain

■編成時のポイント

基本的には張機、劉備を軸に検討すると良いでしょう。この2武将は塁実体系と競合する可能性が高く、どこに組み込むかで全体の構成が変化します。

特に劉備は「始計+撃勢体系」からは外れますが、厳顔劉備関銀屏で編成した際に「始計」を節約しながら強度を保てるため、第一に検討したい部隊です。厳顔が高度進化していなくても充分に硬く、安定した戦果を上げられる部隊です。

張機、劉備を割り振れない場合は、代替えに何を選択するかがカギとなります。リソースを軽くする場合は甄洛。回避特化にする場合は弓諸葛。攻撃型へシフトさせる法正・陸抗など。

本営は、安定感を重視するなら関銀屏がもっとも適しています。上振れを期待するなら、弓呂布甘寧がおすすめです。とはいえ、火力は本営に依存しているため、全体的な総合火力は低く、引き分けを前提とした運用であることを念頭に置きましょう。

中途半端な編成にしかならないと感じたら、始計+撃勢体系は編成しないのも手です。形兵や蜀騎に使える戦法であり、圧縮することでその他の部隊強度を上げても良いでしょう。

 

編成パズル2 - 塁実+反撃体系

■全体像

f:id:taotaox:20210331164456j:plain

■編成パターン

f:id:taotaox:20210331164517j:plain

■編成時のポイント

塁実+反撃体系は、前述の始計+撃勢体系とセットで検討しましょう。これは競合する武将が多い(張機、劉備など)ためで、どちらの体系をより強度を高めたいかによって、決定しましょう。

一般に進化具合がより進んでおり、必要なパーツが足りている方から組み立てていくと良いとおもいます。反撃の弱体化アップデートにより、前衛は皇甫嵩一択という状況ではなくなりましたが、依然として強度は高いままです。

逆に優先すべき要因が見つからない場合は、塁実+反撃体系を組まないという選択も良いでしょう。「塁実迎撃」は、ほぼ全ての前衛武将に適正がある最強の前衛戦法のため、反撃を主体としなくても使い道は多々あります。

前衛候補は、単火力型の皇甫嵩の他に、馬超孫策祝融も1人で火力を担当しますが、基本的には攻其不備によって火力を底上げする必要があるため他体系を圧迫し燃費は悪くなります。趙雲は優秀な蜀武将とのシナジーに優れますが、サブ火力の配置を検討したいところです。

■参考(塁実を必要としない周泰編成)

f:id:taotaox:20210331173425j:plain

塁実を余らせることで他体系の強化をしつつ、武将は妥協せずに同程度の硬さを持つ部隊に仕上げる。反撃弱体後は周泰編成が中華では比較的流行っているようです。

 

編成パズル3 - 神兵大賞体系

■全体像

f:id:taotaox:20210429145544j:plain

■編成パターン

f:id:taotaox:20210406173459j:plain

f:id:taotaox:20210429145632j:plain

■編成時のポイント

「始計撃勢体系と塁実反撃体系は使う武将が競合しがちなのでセットで考えましょう」ということを前項で記載しました。神兵大賞体系は攻其不備体系と使う戦法と武将が一部競合しますので、こちらもセットで考えましょう。

神兵大賞体系を編成する場合、考えるポイントは大きく3つあります。

  1. メイン火力をどの武将にするか。
  2. 衆謀 or 先駆 or なしのどれを選択するか。
  3. 高度に進化している武将を選べているか。

特に1と2は自動的に関連してくるので吟味が必要です。

例えば、メイン火力が王異の場合は、衆謀と先駆突撃どちらも効果的に使用できる武将です。使用頻度が低い先駆突撃を王異に持たせ、衆謀を節約し、別の体系に回すことができます。(衆謀は他の体系とも相性が良いです)

先駆突撃の編成パターンは少なく、王異以外でもかなりの強度を誇るのは、陸抗呂蒙馬超の部隊となります。陸抗馬超は他の体系とも競合する武将となるので、全体の構成でどちらを優先するか決めましょう。

補助武将枠は、呂蒙が頭ひとつ抜けている重要度となります。余っているのなら優先的に使用したい武将となるでしょう。

神兵大賞を持たせる武将に関しては、高進化、高知略であることを前提に、メイン火力、補助とのシナジーを生む武将の選択をおすすめいたします。特に強力なのがアップデートで強化された曹操で、高度進化した曹操は猛威を奮うでしょう。また、地味に一定以上の足の早さがあるか、もポイントになります。

 

編成パズル4 - 攻其不備体系

■全体像

f:id:taotaox:20210406230328j:plain

■編成パターン

f:id:taotaox:20210429150212j:plain

■編成時のポイント

衆謀を組み合わせるのかどうかで、武将のチョイスが変わります。神兵大賞体系とセットで考えましょう。特に曹操木鹿大王張寧の強度は高く、あまり高度進化していなくても優位な戦闘がしやすいです。

物理追撃騎馬の場合は、馬超をまず検討したいところです。馬超が高度に進化している場合は、中衛に上げて相手の本営を狙える状況を作っても良いでしょう。策略追撃騎馬は、王異一択と言っても良いのではないでしょうか。

 

編成パズル5 - 法正/馬岱(謀定関羽)体系

■全体像

f:id:taotaox:20210408125144j:plain

■編成パターン

f:id:taotaox:20210429150353j:plain

f:id:taotaox:20210429150401j:plain

■編成時のポイント

他体系とはあまり競合しないため、とくにこだわりがなければ最後に編成しても良い部隊。謀定関羽があると心強いものの、必ず必要というわけではなく、必須となってくるのは、馬岱か法正があること。

馬岱騎系列は、こどもさんのブログに戦法配置が詳しいのでご参照のこと。

関法荀系列は、色々バリエーションはありますが、皇甫嵩対策に関羽を本営に落として折戟強攻を持たせる、荀彧に不攻を持たせる、などすると一方的に勝利することも可能とのこと。

神兵大賞体系に次いで、高度進化のメリットが比較的ダイレクトに影響するのもこの体系の特徴と言えます。火力を担当する馬岱が真っ赤の場合は、この体系を重視して組むのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

【部隊編成】形兵之極 体系

■主城 五体系

f:id:taotaox:20200519151459j:plain

今回は、6の形兵之極 体系をご紹介致します。

 

■形兵之極

f:id:taotaox:20200518095248p:plain

形兵効果は下記の3つ

自軍3武将が全て異なる系統の兵種の場合、

1.本営の初期戦法(主動、追撃)の発動確率10%上昇

2.中衛の毎ターン初めに与える全てのダメージが40%上昇(4ターン)

3.前衛の受ける全てのダメージを50%減少(4ターン)

最も応用が利く戦法ですが、形兵単体では意外なほど脆いです。

強力な武将、戦法、体系と複合させることで、最も真価を発揮します。

 

■代表的な組み合わせ(蜀形兵、呉形兵、蜀之智、魏之智、三皇)

f:id:taotaox:20200518105033j:plain

一般的にテンプレとされる形兵の多くは、別の体系と複合させていることが分かります。

 

■超形兵

f:id:taotaox:20200518105140j:plain

超形兵とは、強力な洞察効果を持つ 郝昭 に火力役を任せ、安定的に策略攻撃を飛ばしつつ、補助武将(曹操、歩諸葛、郭嘉、弓諸葛等)で被ダメを大きく減らす編成。

サブ火力として 衆謀 を高知略武将に持たせるパターンが多い。

郝昭の高度進化が必須です。少なくとも3進化以上を推奨します。

【部隊編成】謀定+蜀関羽 体系

■主城 五体系

f:id:taotaox:20200519151459j:plain

今回は、5の謀定+蜀関羽 体系をご紹介致します。

 

■謀定+蜀関羽

f:id:taotaox:20200517150142p:plain

f:id:taotaox:20200517150220p:plain

最も貴重な【洞察効果】を持つ【謀定後動】は、

洞察効果の発動条件として、準備ターン付き初期戦法を持つ武将である必要があります。

<準備ターン付き初期戦法の保持武将>

呉陣営:周瑜陸遜孫尚香

蜀陣営:蜀関羽、SP趙雲、沙摩柯、張飛

群陣営:張角、群張郃

漢陣営:漢貂蝉

上記武将の中で、最も強力な初期戦法は蜀関羽となります。

<蜀関羽の固有戦法>

1.敵全体へのダメージ(3体対象)

2.猶予効果の付与(3体対象)

 安定して蜀関羽の固有を発動させることで、大きな損害と敵行動の阻害を同時に達成できる組み合わせと言えますね。

 

■組み合わせ1(関法荀系列)

f:id:taotaox:20200517161034j:plain

法正と組み合わせることで、蜀関羽を安定高速発動させることが狙いの編成。

3人目の選択に個性が出ますが、一般的に始計、塁実、(撃勢)を複合させた方が強い傾向にあります。

 

■組み合わせ2(蜀騎、蜀形兵、カニ隊)

f:id:taotaox:20200517161128j:plain

蜀騎は、馬岱をメイン火力として配置し、蜀関羽は補助兼サブ火力として振る舞います。

蜀形兵では、自身がメイン火力であり、一騎当千といった高火力戦法が必要です。

謀定+蜀関羽は、メイン火力、補助(サブ火力)をどちらも担うことが出来るという点でも非常に柔軟な組み合わせと言えるでしょう。

 

【部隊編成】塁実+反撃 体系

■主城 五体系

f:id:taotaox:20200519151459j:plain

4の塁実+反撃体系について解説致します。

 

■塁実迎撃

f:id:taotaox:20200516150709p:plain

遅れてきた星6戦法。塁実迎撃です。

<通常攻撃を受けると判定>

1【回復効果】50%で発動(回復率200%)

2【鎮静効果】50%で発動(主動、追撃のデバフ解除)

3【回避効果】50%で発動(1回の回避付与)

<毎ターン判定>

4【援護効果】50%で発動(前衛・中衛時に自軍全体援護)

この戦法の恐ろしいところは、通常攻撃を受けるたびに1~3の効果を独立して判定していくところです。

しかも、通常攻撃を受けやすくするように4の効果までついてます。無敵か。

これに健卒不殆を組み合わせると、

5【反撃効果】の付与

6【被ダメ減効果】の付与

1~6の効果が完璧に噛み合うため、

反撃型前衛として最も強い組み合わせとなります。無敵か。

 

■塁実+反撃のみ

f:id:taotaox:20200516163927j:plain

上記の編成例はごく一部であり、塁実+反撃は殆どの前衛に適性があります。

中でも、反撃型前衛に最も適している武将は皇甫嵩です。

この組み合わせだけで火力を担保できます。

<前衛候補>

武将:皇甫嵩趙雲、厳顔、祝融、弓呂布、沙摩柯、馬超

戦法:塁実、健卒、回馬(ダメ率重視の場合は回馬)

<中衛/本営候補>

武将:劉備、張機、陸抗、漢董卓、郝昭、貂蝉龐統

戦法:重整、桃園、三軍、避其、無心、妖術、絶水

前衛の火力を担保するには、兵力を維持する必要があるため、中衛、本営は補助+回復を大量に積む場合が多いです。

塁実+反撃 体系は、他体系と比較して独立性が高いです。

充分な強度を保ちつつ、体系の複合を必要としない、リソースを圧迫しない点で、極めてコスパが良い体系と言えるでしょう。

 

■塁実+反撃 + 複合体系

f:id:taotaox:20200516210947j:plain

複合せずとも充分な強度である点は、前述の通りですが、当然、複合させることで、より強度を引き上げられる可能性があります。

手持ちの武将や戦法とよく相談し、編成していくことをおすすめします。

<塁実反撃+複合体系の戦歴>

f:id:taotaox:20200528113349p:plain

f:id:taotaox:20200528113535p:plain

f:id:taotaox:20200528113641p:plain

 

【部隊編成】攻其不備 体系

■主城 五体系

f:id:taotaox:20200519151459j:plain

今回は、3の攻其不備 体系を解説します。

 

■攻其不備

f:id:taotaox:20200514173210p:plain

星6戦法の筆頭格。これだけで火力が段違いに上がります。

この戦法の効果を最大限発揮するには、以下のことに気をつけていきましょう。

1【攻其不備】をそれなりに速度が早い武将に持たせる

2【分兵効果】や【連撃効果】で早期のスタック回収を狙う

 

■攻其不備のみ

f:id:taotaox:20200515113443j:plain

有名な編成ばかりなので特筆すべきことはありませんが、相性を考慮すれば現環境でもそれなりに活躍する部隊たちです。

以前よりも更に対策されやすくなっている点で、征服シーズンでは苦戦を強いられていますが、攻其不備1つで、他とは重複しない武将、戦法を利用できる点で、リソースの節約に優れています。

また、陸抗は手数を増加させる戦法を備えているため、物理隊とも相性が良く、スタダとしても採用されているなど、活用の幅が広がっている武将の一人です。

 

■攻其不備+衆謀

f:id:taotaox:20200515104506g:plain

代表例であるインテリ脳筋曹操張遼王異)は、相手の本営を落とす力と爆発力に優れているため、盗賊対策などに良く用いられます。

また、攻其不備は木鹿大王(象兵)と相性が良いため、一緒に用いられるケースが多いです。(指揮無効の木鹿大王でも、効果を享受できる。分兵効果で効率良くデバフのスタックを回収できる)

 

■攻其不備+複合体系

f:id:taotaox:20200515113338j:plain

攻其不備は、どんな体系とも複合させやすく、物理・策略を問わないため、編成の拡張性が最も高い体系です。(ただし神兵とは衝突する)

また、特に今季から実装となった塁実とは相性が良く、皇甫嵩の登場により前衛反撃型編成がすっかりメジャーになりました。

【部隊編成】神兵+大賞 体系

■主城 五体系

f:id:taotaox:20200519151459j:plain

今回は、2の神兵+大賞 体系を解説します。

 

■神兵大賞

f:id:taotaox:20200513223712p:plain

f:id:taotaox:20200513223916p:plain

どちらも優秀な戦法ですが、高火力高耐久の征服シーズン環境では、

片方の戦法だけを部隊に搭載しても、中途半端な部隊になりがちです。

両方組み合わせることで、高火力を実現することが多いです。

※ とはいえ、大賞曹操騎馬、神兵蜀之智等、片方だけでも有用なのは確かです。

 

■神兵大賞のみ

f:id:taotaox:20200519152639j:plain

コンセプト

基本的には、神兵大賞を持たせた武将を最も早く動かし、

指揮ダメージを最大化しつつ、3ターンの間に即時発動の主動戦法を叩き込む。

という速攻型の編成となります。

 

この編成では、進化具合が重要なケースが多く、

ステータスが高度な場合に最大のパフォーマンスを発揮します。

最低でも3進化以上は欲しいところです。

 

対人における個人的見解(根拠なし)

仮に全進化していても、神兵大賞単体の場合、

大漢弓(張機/呂蒙/霊帝)以外の部隊は、わりとあっさり負けます。

例えば(弓諸葛/呂蒙/霊帝)等は、ふつうに考えて強そうに見えるのですが、

エース級の他体系部隊とぶつかると「勝てない/勝っても兵損多い」という感じ。

 

なので、個人的意見では、単体の場合は、純正大漢弓しかおすすめしません。

そうすると、核心武将である【張機】が取られることになるので、

【張機】が取られたくない場合は、

他体系と複合させた方が良いという結論になります。

※ 複合させなくてもエース扱いできるパターンあるよ。という方、

  ぜひ教えてくださいー!

 

■神兵大賞+衆謀

f:id:taotaox:20200519152703j:plain

コンセプト

指揮ダメージの最大化よりも、主動+衆謀の爆発力を重視した編成。

相手の知略を減少させられる弓諸葛、張寧などを採用し、

莫大な知略差を生んでから策略攻撃を叩き込む。というこちらも速攻型の編成。

特に神兵大賞呉レンは、どの部隊にも一方的に勝つポテンシャルを秘めます。

 

本編成に関しては、高度に進化していなくても十分な強度があるが、

耐久力は低いため、連戦というよりは一撃必殺を狙っていくと良いです。

(※ 朱儁は例外的にステータスが低いため進化しておいた方が良い)

 

■神兵大賞+複合体系

f:id:taotaox:20200519152718j:plain

神兵大賞は、1つの部隊に自由につけられる戦法枠6つのうち

2枠を占有します。残りの4枠で個性を出すことが、

オリジナル編成の近道と言えるでしょう。

 

皇甫嵩持っていないので試してはいませんが、

上記のように、神兵大賞に塁実健卒を組み合わせる複合体系が

いくつか報告されています。

複合系はまだ戦場に出回っていないので、

編成の新しい可能性を探求するには、この領域が良いかもしれません。

【部隊編成】始計+撃勢 体系

■主城 五体系

f:id:taotaox:20200519151459j:plain
今回は、1の始計+撃勢 体系を解説します。

 

■始計

始計+撃勢 体系の核となるのは、

星6戦法 と呼んでも差し支えない「始計」となります。

f:id:taotaox:20200511175759p:plain

始計の効果解説記事はこちらのリンク

Q1. 始計持ち武将の行動順はどこがベスト?

Q2. 本営武将 関銀屏との相性がなぜ良いの?

といった疑問が詳しく解説されてます。

 

■代表的な編成:盗賊

f:id:taotaox:20200512215529g:plain

 

■部隊コンセプト - 前衛の役割(6役)

f:id:taotaox:20200512215608g:plain

1【始計】による本営の火力増加効果

2【始計】による敵軍ダメージ軽減効果

3【始計】による洞察効果

4【孫権固有】による味方の鎮静効果

5【孫権固有】による回避効果

6【渾水獏魚】による混乱付与効果

前衛の固有も含めた3つの戦法枠で、

6つの効果を獲得できるという破格の組み合わせとなります。

なおかつ、最も貴重な【洞察効果】を保持しているため、

安定的に洞察以外の5つの効果を享受することができます。

 

■部隊コンセプト - 本営の役割(火力)

f:id:taotaox:20200512215632g:plain

1.【関銀屏固有】【一騎当千】による複数対象ダメージ効果

2.【撃勢】による火力増加効果

前衛孫権は強力な6つの効果を提供していますが、

孫権自身がダメージを提供しているわけではないため、

本営は火力を担当する必要があります。

そのため、関銀屏、弓呂布趙雲、特性司馬懿などが適役となります。

 

また【撃勢】は物理系火力を劇的に向上させるため、非常に相性が良いです。

始計と共存できる策略系の火力増加戦法では【深謀遠慮】が

該当しますが【撃勢】と比較すると、物足りないため、

本営には物理系武将の選択が多いです。

 

■部隊コンセプト - 中衛の役割(補助)

f:id:taotaox:20200512215705g:plain

1【張機固有】【重整旗鼓】【草木皆兵】による回復効果

2【張機固有】による自軍ダメージ軽減効果

3【草木皆兵】による複数対象ダメージ効果

前衛孫権は主動戦法を2つ保持しているため、発動率に左右されます。

また【渾水】は準備に1ターン必要であり、

戦闘序盤の立ち上がりにやや難があります。

 

そのため、中衛には、最初の3ターンを安定させる補助の役割が必要です。

最も適性が高い武将は、

強力な回復効果とダメージ軽減効果を両立している張機と言えます。

 

■部隊コンセプト - まとめ

本営:火力

武将:関銀屏、弓呂布、特性趙雲、特性孫尚香、特性司馬懿

戦法:撃勢、愈戦愈勇、一騎当千、折戟強攻/深謀遠慮、風声、楚歌

中衛:補助

武将:張機、甄洛、弓諸葛、群貂蝉

戦法:重整、三軍之衆、絶水、草木、避其、反計之策、戦必断金、桃園

※効果の衝突に注意

前衛:洞察+強力な主動戦法

武将:孫権龐統、歩諸葛、張寧、弓姜維

戦法:始計、渾水、妖術

 

■各種組み合わせ

f:id:taotaox:20200519152144j:plain

f:id:taotaox:20200519152153j:plain